ワークショップ・講座

あなたは、探求者?それとも批判者?

先日、「場作りファシリテーター養成講座」を開催しました。
その中で「問い」という事について皆で考えました。

ファシリテーションでの「問い」は2つの場面があります。
それは、自分の外(参加者)に対する問いと、もう一つ、自分の内(自分自身)に対する問い。

実は、ファシリテーションというのは、外だけの問いでなく、同時に内への問いをしています。
外への問いが無いときでも、常に内への問いを繰り返している感じです。

今回の講座では、この内への「問い」について皆で考えました。

ファシリテーションの場においては、予定どおりでなく、予期せぬ事が度々起こります。
期待している反応がなかったり、思わぬところから混乱するような発言があったり…

その時に、我々は無意識的に内への問いを行っています。

そして、この内なる問いにも2種類あります。

それは、

「探求者の問い」と「批判者の問い」

何か動揺するような事が起きると我々は無意識に「批判者の問い」をおこないがち。

これは、ファシリテーションだけでなく日常生活でも同じです。

人生は波乗りのようなもの。1つの波が過ぎれば、また大きな波がやってきます。
波風1つ立たない静かな湖面を望みがちですが、それでは何処にも行けません。

波が来たときに、「批判者」になるのか?「探求者」になるのか?
これは、大きな違い。

波が来たとき、「ようこそ。この波はきっと意味があるに違いない。どんなメッセージがあるんだろう?」
そうすることで、縮こまっていた身体が伸び、波に乗れるのです。
縮こまっていては、波にのまれるだけ。

今日あなたは批判者として生きますか?
それとも、探求者として生きますか?

大好きな君へ〜その上着は何ですか?〜前のページ

哲学なのか?スキルなのか?〜あなたが学びたいのはどっち?〜次のページ

関連記事

  1. NLP

    あなたは、未来を思い描くとき何人で考えていますか?

    GWまっただ中、いかがお過ごしでしょうか? なかには、ディズニーリ…

  2. レジリエンス

    木を観て森も観るということ

    「木を見て森を見ず」という言葉がありますが、「木を観て森も観る…

  3. NLP

    あなたの魂に響くとき

    先日、自身も2年前に受講した4か月12日間にわたる…

  4. NLP

    新しい組織形態から学ぶこと〜組織と人類の進化〜

    週末2日間、ホラクラシーとエンコードという、従来の階層構造組織でない新…

  5. NLP

    あなたの声は本当の声ですか?

    先週末は、今年初めから受講しているトレーナーズ・トレーニングでした。…

  6. U理論

    U理論と信念対立と音楽と…

    皆さん、音楽は好きですか?僕自…

  1. レジリエンス

    あなたの個性、ただの癖ではないですか?
  2. レジリエンス

    あなたは、自分の人生を生きてますか?〜【来年スタート!新講座 Master of…
  3. NLP

    神様だって誤解する〜わかりあえないことから始める〜
  4. ワークショップ・講座

    良質な目次とは?
  5. NLP

    レジリエンス・マスター養成講座〜ようやく完成しました!!
PAGE TOP