ワークショップ・講座

「象のすべてが見えていますか?5/26(金)Whole Elephant Bar vol.6~今、いのち・医療の全体性を考える~開催します!」

昔々の、とある日のこと。

6人の盲人が初めて象に触れました。

足を触った者は言いました。
「象とは柱のようなものです」

尾を持った者は言いました。
「象とは綱のようなものです」

鼻を触った者は言いました。
「象とは木の枝のようなものです」

耳を触った者は言いました。
「象とは扇子のようなものです」

腹を触った者は言いました。
「象とは壁のようなものです」

牙を触った者は言いました。
「象とはパイプのようなものです」
それを見ていた王様は、こう言いました。

「あなた方は皆、正しい。意見が食い違っているのは、あなた方は象の異なる部分を触っているからです。象はあなた方の言う全ての特徴を持っているのです」

これは、「群盲象を評す」というインドの古い寓話です。

この寓話に象徴されるように、私たちは、物事の一部分だけを見て、あたかも全体を見ているかのように思い込み、問題の全体像や関連を見誤ってしまうことが多々あります。そして、その問題に自分が当事者として関わっていることもしばしば。

環境問題、食料問題、紛争問題等のような複雑な社会問題を解決するプロジェクトでは、このような”全体象”を感じる取り組みをラーニング・ジャーニーと呼び、変革と創造のための重要なステップとして位置付けています。

「Whole Elephant Bar(WEB)」は、「環境問題」「医療政策」「金融・お金」「憲法」「中東情勢」などなど、多くの人にとって普段はあまり触れる機会はないけれども、世界の“”全体象“や”“今”を象徴するテーマに詳しいゲストをお招きし、お話を聴きながら、参加者全員でダイアログを行うことで、世界の“全体象”を感じる平日の晩のプチラーニング・ジャーニー企画です。
是非、気軽においで下さい。

 

今回、そのVol.6となるWEB~今、いのち・医療の全体性を考える~を5/26(金)開催します!

今回は東大循環器内科医であり、未来医療研究会代表である稲葉先生をゲストに迎えます。

我々は、「全体性」や「統合」を口にするとき、知らずに「全体」と「それ以外のもの」という断絶を無意識に作ってしまいがちです。
でも、そういった区別をした時点で、「全体」でなくなる。そして、無意識の断絶が苦悩を生み出していく。そういった矛盾によく出逢います。
医療(といった時点で、区別を作るので、あまり使いたくはないのですが)の全体性を語るときも、とかく「西洋医学批判」から入ったり、なにか、その事で断絶を創り出しているような気がします。
西洋・東洋・代替医療etc.…そういった部分の集合、言い換えれば「1+1=2」の世界観でなく、「0=∞」のパラダイムで、医療とそれにまつわる話をしたい…そして、この方と…長年、お逢いしたかった稲葉先生を今回のWEBのゲストにお招きしました!
今回は、会場含めた対談形式で、特別に広めの会場で、懇親会込み(もちろん、講演だけでも参加OKです)での特別バージョンで開催します。

https://www.facebook.com/events/375820832800944/

6/10(土)〜6/11(日)レジリエンス・ジャーニー開催前のページ

「社会の構成要素はコミュニケーションである」次のページ

関連記事

  1. ダイアログ

    「なぜ、対談なのか?」〜間を観察するという行為〜

    普段、あまりTVを視ないのですが、今朝TVをつけると以前から気に入って…

  2. NLP

    組織は、変われるのか?〜組織を一瞬で変える方法〜

    個人向けのセッションなどを行っていると、よく聴く言葉。…

  3. レジリエンス

    あなたは、自分の人生を生きてますか?〜【来年スタート!新講座 Master of Life!】〜

    来年より、レジリエンス・マスター養成講座アドバンス修了者向けの講座「M…

  4. NLP

    未来から始めるというパラダイム

    あなたは、何かを始めるとき、どこから始めますか?現在から?過去…

  5. レジリエンス

    あなたは、すぐにスタートが切れますか?

    皆さんの中で、瞑想をされている方はいるでしょうか?最近、僕の周…

  6. ワークショップ・講座

    明けましておめでとうございます。今年、一緒に旅に出ましょう。

    明けましておめでとうございます。皆さん、どんな新年を迎えていますか…

  1. ワークショップ・講座

    哲学なのか?スキルなのか?〜あなたが学びたいのはどっち?〜
  2. NLP

    エリクソニアンの風に触れて
  3. NLP

    新人教育とスポンサーシップ
  4. ワークショップ・講座

    難は好きですか?
  5. ワークショップ・講座

    癒やしのセッション受けてみませんか?
PAGE TOP