レジリエンス

2019年あなたは、どんなスタートを切りますか?

いよいよ2018年も残り2週間を切りました。
今年、やりきったという方、もう少しやりたかったという方、様々な方がいるかと思います。
そして、どちらの方にも新年がもう少しでやってきます。
その足音も日に日に大きくなってきて、来年2019年に新しい光を見ている方も多いのでは?
やはり、新年というのは、継続していることも含めて、新たな想いでスタートを切る時期のようです。
あなたは、2019年どんなスタートを切りますか?

我々は「今を生きている」つもりでも、過去のパターンに縛られたり、未来への不安で動けなくなったりするものです。
以前、「Mandala of Being」という講座を受講した時の話です。
このこうざはでは、我々が縛られがちな過去や未来、そして、Me、Youという立場に縛られることから解き放ちまさに「今、ここ」を生きるための手法を学ぶのですが、その提唱者のリチャード・モスが言っていた言葉で、印象的だったのは、この「今、ここ」という感覚は、「100メートルのスタートについて、号砲を待つアスリートのよう」と説明していました。
どういうことか?
100メートルのスタートの時、ガチガチに固まっていては、スタートの号砲にすぐには身体は反応出来ません。身体に余計な力は入れずにリラックスしていることが重要になります。
しかし、ぼーっとしていたら、スタートに遅れます。
要は、身体はリラックスしながら、集中力は高まっている状態。
時にこれを「ゾーン」と呼んだりしますが、これが重要なのです。
この感覚はまさに冥想のときの感覚。
冥想しているときは、雨音1つ1つ気づくほどに集中力は高まりますが、一方身体の力は抜け、一晩寝ないで冥想しても身体の疲れは少なかったりします。

さて、2019年、あなたは100mの一流アスリートのようなスタートが切れるでしょうか?
そして、新年だけでなく、あなたの日々の生活の中でその瞬間瞬間で鮮やかなスタートダッシュが切れるとしたら、あなたの生活はどう変わりますか?
そして、瞬間瞬間にあなたの最大限をさらに超えたパフォーマンスを発揮出来るとしたら…
「レジリエンス・マスター養成講座」では、あなたのポテンシャルを極限まで引き出し、日々の生活の中で、あなたの想像さえも超えたパフォーマンスを生み出せるようになります。
それは、あなたのためだけではありません。
あなたは今まで自分の想像を超えてその可能性を発揮したことがありますか?
そして、それがあなたの周りに予想を超えた幸せを創り出したことは?

あなたが、そのポテンシャルを過去のパターンを超えて発揮すること、それは、あなた自身を超えた世界にインパクトと幸せをもたらします。
その源になる。
そんな2019年になります。

2019年1月レジリエンス・マスター養成講座ベーシック

2019年2月レジリエンス・マスター養成講座ベーシック

2019年来年の年末にあなたは、どんな気分なのでしょう?前のページ

あなたは、今年どんな1年を送りますか?〜あなたの志そんなももんですか?〜次のページ

関連記事

  1. ワークショップ・講座

    あなたのBeing、Doingになっていませんか?

    Doing(何をやるか?)でなく、Being(どうあるか?)。そん…

  2. レジリエンス

    あなたは、自分の人生を生きてますか?〜【来年スタート!新講座 Master of Life!】〜

    来年より、レジリエンス・マスター養成講座アドバンス修了者向けの講座「M…

  3. ワークショップ・講座

    「それは、心底やりたいことですか?」

    このところ、自分が皆様にお届けする講座・ワークショップをより皆さんのニ…

  4. レジリエンス

    なぜ、あなたの手法は機能しないのか?

    今の混沌とした複雑な時代、それを象徴するかのように、様々な手法が溢れて…

  5. NLP

    デーモンとの統合〜親から引き継ぐメンタルモデル〜

    先週末、定期開催しているレジリエンス・ジャーニーというワークショップを…

  6. NLP

    犯人はどこにいますか?(2)〜あなたには味方がいます〜

    以前のブログで、2020年の東京オリンピックでのボランティアの待遇問題…

  1. ワークショップ・講座

    明けましておめでとうございます。今年、一緒に旅に出ましょう。
  2. ワークショップ・講座

    あなたは人生というタブレットを使い切っていますか?
  3. レジリエンス

    マスターに込められた想い
  4. その他

    犯人はどこにいますか?(1)
  5. その他

    泣くことを覚えなさい
PAGE TOP