スピリチュアル

玉ねぎと蓮〜苦行の螺旋を降りませんか?〜

以前、僕は Face bookに以下の投稿をしました。

【修行・苦行の螺旋から、降ります】
人は常に成長を求めます。現状に満足せずに、、、というより「今を生きずに」
僕は、つい最近までそうでした。と言うより今も、「今を生きよう」としている段階です。
今まで、ただ先を見ることで、何かを身につけることで先に進めると思っていました。
でも「何かを学ぶこと」は、同時に「自分は何も知らないことを知る」ことでもあります。
だから、修行し続ける。いつまで?
死ぬまで。
いや、その想いは、魂が生まれ変わっても、ただ繰り返すだけ。
キリがない。
「いつまで学びますか?」
修行・苦行の螺旋からは何も生まれない。
僕は、その螺旋から降りることにしました。
「もうすでに全てを知っている。あとは思い出すだけ。」思い出すための学びはしていくでしょう。でも、それは目的じゃない。
「自分が苦行の螺旋から降りないことから、発生するものは、人を苦行の螺旋に巻き込むだけ」
だから、降ります。
僕は、皆さんを幸せにしたいだけです。その螺旋から降りるお手伝いをさせて頂きます。

この宣言、結構な反響があって、今、インタビューをしていると、
「これを読んで修行の螺旋から降りようと思った。でも、螺旋を降りられない。」
という声を数人の方から頂きました。

 

では、僕は学び続けていないのか?
学び続けています。
でも、以前のような、何かに追い立てるように、外に正解を求める修行はやめました。

 

それは、学ぶというより、思い出す作業

 

 

これは、有名な「両界曼荼羅」
仏教の曼荼羅のうち、密教の中心となる仏である大日如来の説く真理や悟りの境地を、視覚的に表現してるとされます。

 

2つの曼荼羅「胎蔵界曼荼羅」と「金剛界曼荼羅」の総称で

 

一方が金剛界曼荼羅:

 

大日如来の「智の世界」を表し、人が仏に至る方法と、悟りへの道が示されているとされます。

そして、もう一方、胎蔵曼荼羅:

大日如来の「理の世界」を表し、宇宙そのものであるであるとされます。

 

この2つが必ずセットで、配置されます。

どういうことか?

難しいですよね。

少し、視点を変えて、「覚醒の真実」という本の中の中のこれと関連する話を紹介しましょう。

著者の清水友邦氏は著書の中で、2つの覚醒への道を示しています。

 

オニオン・ピーリング・ヴィジョンとロータス・ヴィジョン。

オニオン・ピーリング・ヴィジョンとは、その名の通り、玉ねぎの皮むき。

 

日々の修行を玉ねぎの皮むきのように中心の心理へ向かい繰り返す。

金剛界曼荼羅の世界観。

ロータス(蓮)・ヴィジョンとは、

「覚醒・気づき」は誰もが生まれた時から自然にそなわっている自己の本質であるというもの

胎蔵曼荼羅の世界観

この2つのビジョン片側だけでは「気づき」は生まれない。

セットなのです。

この感覚。

もともとあるもののために、玉ねぎの皮をむく。

でも、それは決して苦行の螺旋では無い

なぜなら、その答えは外でなく、すでに内にもっているものだから

あなたの内なる鍵を一緒に見つけませんか?

6/10(土)〜11(日)レジリエンス・ジャーニー〜ナスルディンの鍵を探す〜開催

https://www.facebook.com/events/1872201473052761/

 

「熱い想い」と「熱く語る」は別?前のページ

チーム医療という言葉がこの世からなくなったら…〜野球とサッカーどっちが好きですか?〜次のページ

関連記事

  1. その他

    泣くことを覚えなさい

    今朝、思い出したようにこの本に手が伸びました。…

  2. スピリチュアル

    実体とは何か?〜空という存在

    先日、『金剛般若経』全講義という本を読みました。…

  3. NLP

    ちゃんとやらない瞑想のすすめ

    雨の少ない今年の梅雨ですが、今日は朝から雨が降っています。なに…

  4. スピリチュアル

    私たちが最も恐れていること

    僕が開催するレジリエンス・ジャーニーなどのワークショップの冒頭で、よく…

  5. NLP

    僕が朝起きてやること

    最近、朝目覚めて布団の中で、やっていることがありま…

  6. その他

    映画「メッセージ」を観てきました〜どのパラダイムで生きてますか?〜

    先日、映画「メッセージ」を観てきました。以降は、映画のネタ…

  1. NLP

    なぜ、哲学でなく哲学史を学ぶのか?〜人類数千年のパターンを超えるために〜
  2. NLP

    犯人はどこにいますか?(2)〜あなたには味方がいます〜
  3. ワークショップ・講座

    「にもかかわらず」からでないと信頼は生まれない
  4. 医療

    チーム医療という言葉がこの世からなくなったら…〜野球とサッカーどっちが好きですか…
  5. レジリエンス

    ベランダにクロアゲハが飛んで来ました
PAGE TOP